Yosibill'sBlog

少女前線に関するあれやこれ

はろーこんにちは YosiBillです 少女前線(本国版)をやっています!このプログでは皆さんに少女前線の新しい情報や、現在MICAが開発している少女前線の新しいゲーム少女前線2.0やProject NEURALCLOWDの情報もどんどん翻訳してお届けしたいです!もし記事を読んでいいと思ったらいいねお願いします!
またTwitter、Twitchのフォローもよろしくおねがいします!!

作品画像や翻訳原文の著作権も上海散爆网络科技有限公司にあります。

また許可の無い訳文の転載を禁止します

©上海散爆网络科技有限公司

​公式サイト:https://gf-cn.sunborngame.com/

 

NCs1_DS_Persicaria&NC_EP_Persicaria #NEURAL CLOUD #人形紹介

ファイルナンバー NC_EP_Persicaria 「こんにちは、ペルシカ博士、再びあなたと一緒に仕事をすることができて光栄です。’’メンタルクラウド’’プロジェクトをご支援しただき、誠に感謝しております。 そして…ミス’’ペルシカ’’、ようこそ42LABへ。」 Jan. 11. 2057. 4:42:Pm From: Persicara To: 42Lab'NCpxxxxxxx Re: ’’メンタルクラウド’’プロジェクト研究への招待について 返信が遅れてしまい申し訳ない、ここ二週間、私はあなたからの提案について考えていました、私の答えはYesです。 あなたから送られてきた計画書を読みました、前に私が言っていたように、’’メンタルクラウド’’は凄い技術になる、ですが現在遭遇している技術的難題を解決するのには骨が折れる事でしょう。あなた達が提出してきた解決方法は革新的と言えます、その点について私の助手が助けになってくれるはずです。 彼女を知っていますよね?そう、彼女の名前も’’ペルシカ’’なのです、外見も体型も完全に私と一致し、なおかつ42Labで生まれました(その件については、再びの感謝を)、忘れようとしても難しいでしょうね。彼女は人工知能研究に特化した研究用モデル、そして開発当初、私は彼女のメンタル及び演算能力について最高の性能を要求しました、そのため彼女の能力は’’メンタルクラウド’’プロジェクトの研究で重要な役割を発揮してくれることでしょう。 それ以外に、あなたが言及したこのプロジェクトの総責任者、この教授は学会でも多大なる人望を持っています、そして人工知能に関する研究

ガンスリンガーガールコラボ 壁紙一覧

少女前線×ガンスリンガーガール 「もしも誰かを好きで好きでしょうがなくなって… それでも永遠に満たされないとわかってしまったら 私は…」 義体少女たちとの出会い、童話のような世界の真相とは…? 基地背景はフレンドリーショップで購入できます!

ガンスリコラボストーリー翻訳 第八章:嘘がつけないピノッキオ 1

ガンスリコラボストーリー翻訳 第八章:嘘がつけないピノッキオ 1 戦闘開始前 指揮官:「このVitaの義体の名前はトリエラというのか?」 ヘンリエッタ:「トリエラについて知りたいんですか?」 指揮官:「少し記憶がおぼろげでね。」 指揮官:「彼女はどんな子なんだい?」 ヘンリエッタ:「トリエラは私達の中で一番凄い義体なんです、彼女と任務に出動する時、なんでかわからないけどものすごい安心できるんです。」 指揮官:「彼女はきっと腕利きな女の子なんだな、おそらくだが彼女にも色々あったんだろうな。」 ヘンリエッタ:「トリエラは昔五共和国派のすごい殺し屋と対面して、最後は彼に勝ったことがあったんです。」 「確かあの殺し屋の名前は’’ピノッキオ’’?だったはずです。」 指揮官:「’’ピノッキオ’’か…」 ヘンリエッタ:「公社内ではトリエラと’’ピノッキオ’’の戦いは伝説にもなったんですよ、彼を倒すために、トリエラはわざわざGISに言って訓練を受けてましたから。」 ヘンリエッタ:「あそこは考えただけでも怖い場所です。」 僕はこっそりカリーナが更新したデータバンクを開いた、どうやらトリエラの戦いは尋常ではなかったようだ。 これまでの経験からして、ここのシナリオは’’ピノッキオ’’の逮捕と関係があるのだろう。そして逮捕の過程で人形が現れたせいで歪みが発生した。 でも、前の経験があるし、僕が’’Vita’’の中でちゃんと役を演じられれば、事件は問題なく解決するはずだ」 ??:「ヒルシャーさん。」 指揮官:「うん?」 ??:「ヒルシャーさん、これからどうすればいいんですか?」 僕は小屋の中で、望遠鏡を

新規人形まとめ 

2020年7月30日実装 Rex Zero1 とても親しみやすい性格で、周りの人の問題解決の手助けをするのが好き。日頃の行いがいいため他の人形からの評判は上々である。手助けする際問題の難易度によって要求する報酬も変わってくる、一輪の花、石ひとかけら、ハグ、もしくは温かみのあるもの。 S-ACR 破壊欲旺盛かつツンデレ末期患者のS-ACRは常任務に対し積極的ですが、よくよくチームメイトに’’サプライズをもたらす存在であります。表面上は’’おねえさん’’のAUGの説教に対しめんどくさそうにしていますが、実はおねえさんのすべて笑顔を毎回自身のマインドに保存しているようです。 VSK-94 VSK-94は正義感が強く、元警察で働いていた経歴の持ち主である。作戦能力は高く、単独行動に慣れている。他の人形の目には冷酷かつ沈黙に写り、近寄りがたいと思われている。だが実際彼女は人類の子供が好きである。しかし表情が凶悪なため、よく保護者達に人さらいだと思われている 2020年7月25日からのポイントミッション報酬 LUSA 明るい性格で、友達を作るのが大好き、ですが少しおっとこちょいな一面も。よく宿舎で彼女が無くしたものを探している姿が見られる。 サッカーに夢中で、誰かがサッカーの話をすると途端に興奮しだすことも。

ガンスリコラボストーリー翻訳 第一章:第九号

「おお 友よ、この調べではない!、そうではなく、我々をより快い、歓喜に満ちた調べに声を合わせよう。」 「Freude! Freude! 歓喜よ!喜びよ!」 「歓喜よ、美しい、神々の火花よ、楽園からの乙女よ、私たちは火を飲んで足を踏み入れる、神々の、あなたの聖なるところに!あなたの魔力が再び結び合わせる、 時代が厳しく切り離したものを…」 低音と高音が奏でるハーモニーの中、司令室の雰囲気は癒やされつつも悶々としていた。 指揮官:これが今回解析でわかった送信元アドレスか? カリーナ:いいえ、やはりこれはあくまで只のノードに過ぎませんわ…前のと同じで普通の合唱音声ファイルです。 指揮官:もう一週間になる、まさか我々をおちょくっているのか?/風刺しているのか? カリーナ:第二層担当の技術スタッフはちょうど休暇中、電子戦に長けている人形も別の任務のため出張中、我々のような専門外のアマチュアが担当してたら、効率がこんなに低くても仕方ありませんよ。 指揮官:アマチュア… カリーナ:あはは… カリーナ:指揮官さまは一回お休みになられたら?ここ最近まともに睡眠をとっていなかったようですし。 指揮官:今回で目的のサーバーを見つけられるもんだと思ってたんだけどな…わかった、先に休ませてもらうよ、後で交代しよう。 カリーナ:はい、いい夢を! カリーナに手を振りつつ、僕は司令室を離れた。 この事件の説明は一週間前に遡る。 一週間前、カフェにて。 数名の人形達が集まって何かを話しているようだ、僕は好奇心から彼女たちに近づいて会話を聞こうと思った。 人形たちは僕が近づいてくるのを見て、興奮した様子で僕の周囲

ガンスリコラボストーリー翻訳 第二章:万華鏡

万華鏡 ...... 庭園ではいろんな匂いが漂っていた、花の香もあれば、茶葉の匂いも。 指揮官:ここが第二層か、思ったよりもリアルだな。 カリーナ:どうやらこの子はこの空間に存在するマインドのようです、彼女から膨大な計算量を感じますわ。 指揮官:つまり我々は黒幕を見つけたということだな? カリーナ:私もそのつもりでしたが…こんな可愛い女の子が悪いことをするハッカーとは思えませんわ。 カリーナ:それに彼女にも我々の人形のメンタルを奪う動機があるようには見えません。 指揮官:とにかく、まずは彼女とコミュニケーションをとってみようか。 指揮官:彼女が言っていたジョゼさんは、ここにもともと居たユーザーか? カリーナ:そうだと思います、指揮官様にはキャラを演じてください、彼女と会話を続ければなにか新しい発見があるかもしれません。 指揮官:わかった、試してみよう。 ヘンリエッタ:ジョゼさん着きました、ここに座りましょう。 ヘンリエッタ:お茶菓子を先に準備していてよかったです、これでジョゼさんとのお茶会も滞りなくできそうです。 指揮官:ありがとう、お茶美味しいよ。 指揮官:ヘンリエッタ…だよね、君はずっとここに居たのか? ヘンリエッタ:はい、あなたがここを離れたあとここでずっとあなたを待っていました、あなたが帰ってくるときに真っ先にお迎えしたくて… ヘンリエッタ:今回のお仕事は忙しそうですね、なんのお仕事をしてきたんですか? 指揮官:う……いつもと違いはないさ。 ヘンリエッタ:一課と一緒に出動任務ですか? 指揮官:一課? 指揮官:うん…そうとも言えるな。 ヘンリエッタ:なるほど…やはり機密作

少女前線2追放 世界観翻訳

Ground Zero ’’ブラックゾーン’’ 崩壊液による放射線の発生源、原爆での爆発で発生した半径数キロの円形のクレーター及び周辺数キロを指す。「欧州崩壊放射線地域の再生と振興に向けた共同プロトコル」によるとこの地域は最後に乗り越え浄化しなければ行けないエリアである。このエリアは崩壊放射線の濃度が極めて高く、一度踏み入れば、人間、人形関係なく生存は難しいとされています。 人員構成:常駐者はゼロに近く、ELID感染者が多く徘徊しています。 表面の建造物:古代文明遺跡への入り口や廃墟となった研究棟や、不思議なタワー型の建物があります。 景観 砂漠と刺々しい地形がメインです。爆風の衝撃で全体的にやや漏斗状の地形になっており地形の中心が爆心地となっています。爆心地付近では、高温の衝撃波の影響を受け、表土が浮き上がった瞬間に土の表面が珪化し、地表全体が鋭く黒い結晶体で構成された棘状の地形になっています。 頻繁に崩壊砂嵐が起こり、砂嵐は視界を遮り、動きに影響を与えるだけでなく、過剰な崩壊放射線を含んでいます。そのため通常の砂嵐と比べすべての生物や電子機器にとって非常に致命的です。その結果、地域の放射線濃度は非常に高く、少数の突然変異体の植物を除いて、他の生物が生き残ることは非常に困難です。 Contaminated Zone レッドゾーン ブラックゾーンに隣接しており、「欧州崩壊放射線地域の再生と振興に向けた共同プロトコル」によるとこのエリアは重点的な浄化作業が必要とされる重汚染区域である。このエリアにはかなりの濃度の崩壊放射線が存在しており、人間、人形関係なくこのエリアに立ち入る際は

2020少女前線水着スキンまとめ

2020年少女前線、水着スキン実装予定は合計七人!そのうち二人がパッケージ販売予定です!詳しい内容は↓をご覧ください! JS 9 逆戟之行 シャチの進軍 (アニメーションエフェクト搭載予定) KAC-PDW 甜慕之心 スウィートハート (パッケージ販売) PP-19 冰冻之夏 アイスサマー(ガチャ販売) FN-49 伞中之梦 パラソルの中の夢 (ガチャ販売) ZB-26 旖梦之隅 (Live 2D) SL8“怒涛之巅 怒涛の頂 (パッケージ販売)(アニメーションエフェクト搭載予定) Ak 5 南国之风 南国の風 (ガチャ)

ファイルナンバーNCs1_DS_EG4.0 ソール #NEURAL CLOUD #人形紹介

ファイルナンバーNCs1_DS_EG4.0 >被検体人形の情報を確認中… >型番 EG4.0 >コードネーム ソール >開発元 42LAB >審査完了 >ようこそ’’マインドマップ’’プロジェクトへ EG4.0 ソール 「冒険に行くならぜひ私を連れて行って! お姉さんがいればあなたに傷なんて絶対負わせないわ!」 企業:42LAB 職業:研究隊ガイド スキル:護衛、研究 大戦終了後、遺跡区域の研究が再度科学界の焦点になった。EG4.0型研究護衛用人形は42LABがこの状況に対し開発した人形である。EG4.0は軍用クラスの近距離作戦装備を装備している、高圧電流剣’’アールヴァク’’と可変高分子振動刀’’アルスヴィズ’’、これらの装備のおかげで作戦戦闘能力は軍用クラスまでに達しており、42LABの技術力を十分に体現したと言えるだろう。前3代のEGシリーズと比べ4.0は堅実かつ頼りがいがある性能そして普通の人形が持っている人懐こっさが研究隊の人気を呼び、研究隊から受け入れられている。 42LAB内部の人形として、EG4.0 は’’メンタルマップ’’プロジェクトに第一期として参加した。 原文 https://www.weibo.com/u/7308178516?from=page_100606_profile&wvr=6&mod=bothfollow&refer_flag=1005050010_&is_all=1#_rnd1595224986709

ファイルナンバーNCs1_DS_H-01 #NEURAL CLOUD #人形紹介

>被検体人形の情報を確認中… >型番 H-01 >コードネーム アントニーナ/アンナ >開発元 42LAB >審査完了 >ようこそ’’マインドマップ’’プロジェクトへ H-01 アントニーナ/アンナ「人のことをずっと睨みつけるのは危険な行為です。あ、そういえばあなたのデバイスにRootkitをインストールしたことを思い出しました。…冗談ですよ。」 企業:42LAB 職業:セキュリティスペシャリスト スキル:セキュリティテスト及びテクニカルサポート 42LAB独自開発技術を搭載したH-01は伝統的な自立人形と比べるどころか、業界トップクラスのデータ処理能力と演算能力を併せ持ち、更に短時間なら自分の意識をデバイスにアップロードすることもできる。この特殊機能のおかげでH-01はセキュリティスペシャリストとして数多くの42LABのセキュリティクラスが高いプロジェクトに携わった。携わったプロジェクトの中には’’浄化者’’オンラインセキュリティシステムの開発も含まれる。 ’’メンタルマップ’’プロジェクトがテストを開始したあと、42LABは保険としてH-01をプロジェクトに参加させることを決定した。 原文 https://www.weibo.com/u/7308178516?from=page_100606_profile&wvr=6&mod=bothfollow&refer_flag=1005050010_&is_all=1#_rnd1595224986709

ファイルナンバーNCs1_DS_S-WG #NEURAL CLOUD #人形紹介

>被検体人形の情報を確認中… >型番 S-WG >コードネーム シモ >開発元 火神重工 >審査完了 >ようこそ’’マインドマップ’’プロジェクトへ S-WG シモ 「君このフェレットを見ているの?可愛いでしょ?この子の名前はサイカ。危険な任務を遂行してきた中で、この子は自分の最高の、そして唯一の相棒なの…」クルー(フィレットの鳴き声) 企業:火神重工 職業:スナイパー スキル:戦場での情報収集、暗殺 S-WGは火神重工が開発した特殊作戦用の人形である、ロールアウト時に狙撃用クロスボウ、最新型ゴーグル、光学迷彩マントなどの最新の装備を搭載している。隠匿状態での狙撃、要人暗殺、情報収集を得意としている。東欧連合防衛軍陸軍で従軍しており、暗殺任務を多数遂行し、最後の一回を除きすべて成功させた。 軍から強制的に退役させられたあとは42LABに派遣され、受験者として’’マインドマップ’’プロジェクトのテストに参加した。 原文 https://www.weibo.com/u/7308178516?from=page_100606_profile&wvr=6&mod=bothfollow&refer_flag=1005050010_&is_all=1#_rnd1595224986709

ファイルナンバーNCs1_DS_ME78 #NEURAL CLOUD #人形紹介

ファイルナンバーNCs1_DS_ME78 >被検体人形の情報を確認中… >型番 ME78 >コードネーム クローチェ >開発元 火神重工 >審査完了 >ようこそ’’マインドマップ’’プロジェクトへ ME78 クローチェ 「伝動装置の律動、歯車間の緻密なかみ合わせ、シリンダー達の一糸乱れぬ動き、ああ、興奮してきたわ!色んな意味で!」 職業:機械エンジニア スキル: 機械デザイン、チューニング、診断及びメンテナンス、工数データのシミュレーション、演算と分析 ME78は火神重工CEOイーロン・トーマスが自らプログラム設計に携わった人形である。2056年7月に投入され火神重工の重要なエンジニア部門に配置された。トーマス氏が設計した新エネルギーシステムである’’ノア反応炉’’のアップグレード、崩壊液をエネルギー源とした新技術の開発などたくさんの研究段階にあるトッププロジェクトに携わった。 2058年1月火神重工と42LABは’’メンタルマップ’’プロジェクトの企画実験での正式なコラボレーションプロトコルを結んだため、ME78は’’メンタルマップ’’プロジェクトに参加するために42LABに派遣された第一期の人形となった。 原文 https://www.weibo.com/u/7308178516?from=page_100606_profile&wvr=6&mod=bothfollow&refer_flag=1005050010_&is_all=1#_rnd1595224986709

ファイルナンバーPRJ_Sanctifier_ET #NEURAL CLOUD

ファイルナンバー:PRJ_Sanctifier_ET URANIUM_390 (オンライン) Operation Engineer/ 42LAB OM Dept FEB 14 2056 16:40 >主任、お時間よろしいでしょうか?メンテナンス中に面白いものを発見しまして… >ついさっきシステムメンテナンスをしていた時に、チームがシステムのバーチャル平層に可怪しいプログラムを発見しました。簡単な逆解析を行い、その結果コードの打ち方や運営ロジックなどは我々は前書いたものと大まかな部分は似ているですが、一部が解読不能レベルでカオスでして、なんというか’’悪意あるコードまたはウイルスが通常のプログラムに偽装している’’みたいな感じでした。 FEB 14 2056 16:42 URANIUM_390 がプルプルメッセージを送ってきました まずはシステムの訪問日誌とデータの転送記録を調べてみてくれ、その後はゲートウェイの確認を、不法訪問や侵入の痕跡がないかを見てくれ。< >全て調べましたが、痕跡はありませんでした。 身内のテストの可能性は?< >可能性は排除しません。今から調査します。 >彼らは大量のゴミメールを送り付ける方法でセキュリティシステムに対しDot攻撃を仕掛けてきてます。セキュリティシステムの計算量を消費させ突破を図っているようです。 Sプランで対処しろ。< >悪意あるプログラム削除完了です。 >待ってください、また復活しました、そして前回と同じ方法で攻撃してくる… >いや…今回はシステムに対しスキャンしているようです、セキュリティシステムの弱点を探しているようです。AIウイ

ファイルナンバーPRJ_Sanctifier_PID #NEURAL CLOUD 

PRJ_Sanctifier_PID 時は2057年、、迫りくるAIウイルスの驚異に対抗するため、42LABは親会社IIQSの支援を受け対AIウイルスソフト「浄化器」プロジェクト(Project Sanctifier)を開発していた。 Project Summary 「浄化器」プロジェクト(Project Sanctifier)とはIIQSネットワーク研究会社傘下の42LABクラウドサーバー研究所が開発したAIアンチウイルスソフトです、伝統的なアンチウイルスソフト技術をベースとしつつ、AI技術を核とし、自己学習成長を実現させました、基本的なアンチウイルス機能及びAIウイルスに抵抗する能力を併せ持っています。なおこのプロジェクトはIIQS参加の42LABが主導となって研究が行われます。 Project Purpose 「浄化器」プロジェクトが建てられた目的は42LABクラウドサーバーの安全を保つことです。 1. 元のアンチウイルスソフトと比べ、このプロジェクトの成果物は42LABクラウドサーバー上のすべての保存されたデータ及びクラウドAIの作業用プログラムなどにより良いプロテクションを提供できること。 2. AIアンチウイルスソフトSanctifierは自己学習成長を持ち、現在企画中の42LABクラウドサーバー上で開発が行われる’’マインドマップ’’プロジェクトに対し安全を提供できること。 Project Objectives 「浄化器」プロジェクトは以下の基本目標を達成しなければならない。 1.機械学習に基づき、悪意あるプログラムを認識、判断、削除する能力。 2.プログラムの動

ファイルナンバーNC_CLREVENT #NEURAL CLOUD

’’お忙しいところ失礼します長官、お耳に入れたいことがあります。’’ ’’数週間前のIOPから送られてきたマインドクラフトマップに関する手紙が何者かの手により改竄されていた件です。我々の指揮官の一人が問題点を発見しました。 手紙の左側にあるミシン目、一見普通のように見えますが、メッセージが隠されてました、解読の結果はCLR-Event。’’ "最初は何の手がかりもなかったので、暗号化された原本をグリフィンの機密ファイルバンクに入れ、その後の調査はしていませんでした。ですが前日に偶然この音声ファイルを見つけました。 二年前の42LABの「マインドマップ」プロジェクトでの実験は言われているほどうまくいかなかったようで、彼らは何かを隠していたようです。ですがそれついてはあまり心配する必要はないかと。マインドマップという技術については、IOPの安全性の確認があり、我々の利用にも影響しません。今は彼らの技術支援が必要な時期でもありますし、それを妨害することが私たちのためになるとは思いません。’’ ’’この音声ファイルも機密文書内に入れておきます、必要に応じて彼らとの交渉に使えるカードになるかもしれません。もちろん、我々も彼らとの協力関係がスムーズに続いていくことを祈っております。更に調査が必要だと思われた場合は指示をください、私はそのときに備え待機します。 音声ファイルの内容 My apology for intercepting your mail. I have no choice. They hide everything, someone sacrificed life, dol

ファイルナンバーNCs1_DSR_2058_CN #NEURAL CLOUD

NCs1_DSR_2058_CN - ’’マインドマップ’’プロジェクト被検人形の公募を正式に開始しました。42LABはこの技術の研究開発に参加し、貢献していただいたあなたとあなたの人形に誠に感謝しております。 From:42LAB 金曜日 2058年 3月1日 午前9:30 ’’マインドマップ’’プロジェクトは国際量子研究所(IIQS)及びIOPカンパニーが正式に業務協定後の初めてのプロジェクトです。このプロジェクトはIIQSの42LABが主導となって行われます。このプロジェクトのメリットは量子コンピューター研究と人工意識モジュールフレーム開発をお互いに結合させることです、量子技術に基づいたクラウド同期、人形の記憶モジュールを記録するクラウド保管など、人形の記憶データを保護し、メンタルが破損した場合に起こる損失を少なくすることが目標です。現在、’’マインドマップ’’プロジェクトは全世界を対象とした第1段階の実験の被検人形の公募を開始しました。今回のテスト期間は2ヶ月を予定しております。今回のテスト中、実験として、被検人形の記憶モジュールは42Labのクラウドサーバーに同期されます、期間中に発生したすべての費用は42Labが支払います。今段階のテスト終了後、我々はあなたの要求に従い人形を返却します。またあなたの許可をいただけた場合、実験終了後も42Labのサーバーはあなたの人形に定期的な記憶モジュールの保管、アップロード、ダウンロードサービスを提供します。更に詳しい情報については付属の説明を御覧ください。 我々は真摯に皆様に今回の実験への参加をお誘いしております。皆様の協力が’

ファイルナンバーNC_ASST_Report_2060 #NEURAL CLOUD

ファイルナンバーNC_ASST_Report_2060 差出人I.O.P XXX部門 受取人Grifon & KryugerXXX この度我々はXXX及びXXXが所有してる’’マインドマップ’’技術との密な協力関係を築くことに成功し、それに関係する技術的支援を得ることが出来たことを報告いたします。 ですが全面的な技術使用前に、まずは’’マインドマップ’’技術へのテストを行い、安定性を確保することを我々は提案します。 我々はもうすでにXXX’’メンタルクラウド’’技術の初期段階に参加した人形サンプルを送り出しました。 以下の画像はサンプルの一覧及びリンク推奨銃器です。 開発 これらの人形サンプルはXXXにグリフォン到着予定です、我々は’’烙印システム(ASST技術)’’と’’ダミーネットワーク’’を結合させた ’’マインドマップ’’技術が皆様の需要を満たせることを祈っております、どうかテスト結果の同期をお願いいたします。 また今後も’’マインドマップ’’プロジェクトの参加に適した人形の捜索を続けて行きますし、より多くのサンプルは今後の役にも立ちますので、今後とも密に連絡をとっていきましょう。 原文 https://www.weibo.com/u/7308178516?from=page_100606_profile&wvr=6&mod=bothfollow&refer_flag=1005050010_&is_all=1#_rnd1595224986709

 

©2020 by Yosibill'sBlog. Proudly created with Wix.com