#アーテリーギア 公式PV+世界観翻訳

机动战姬 聚变 

Artery Gear Fusion

8月1日から予約を開始した中国の新作アプリゲームである。この記事では現在出ている情報を個人なりにまとめ、翻訳したものである。

公式サイト:https://game.bilibili.com/AG/yuyue/#p-1

公式Weibo:https://www.weibo.com/armorgirls?refer_flag=1005055013_&is_all=1#_rnd1596657632723


公式PV

内容:「傀儡」残虐な変異種は20年以上地球上で暴虐の限りを尽くしてきた。「提线」この能力のせいで機械はコントロールを失い、人類は侵される。無数の都市が煉獄と化し、地表は混乱の深淵に陥った。だがその時対傀儡兵器「Artery Gear」が空から舞い降りた。

「阵线联合」地表上の反傀儡国家同盟、「奥托露娜」人造衛星国家、地上と月がお互いに契約を交わし、合同で「Artery Gear」を開発した、AGと呼ばれる少女達は戦士として人類の科学の結晶を背負い、共通の故郷のために戦う。あなたの、指揮官の元で…

空中師団:天琴流星雨行动 こと座流星群

Opreation Lyrids

AG-01:この世界の明日のために一緒に戦いましょう!

AG-04:戦闘用意、1つ残らず全部片付ける!


AGシリーズキャラクター紹介PV

世界観翻訳

傀儡戦争

傀儡とは攻撃性が非常に高い突然変異種の群体である。傀儡自体には繁殖能力はないが、「提线」(マリオネット)と呼ばれる能力を通じて人類と兵器をコントロールすることができる。 マリオネット化された人類は、細胞が徐々に金属化していき傀儡になってしまう。

この過程は「傀儡化」と呼ばれており、いったん発生してしまったら止められるすべはない。マリオネットの力もあり、傀儡軍団は大地を蹂躙した。伝統兵器(通常兵器)では傀儡の攻勢を止められず、陥落した人類の都市はマリオネット化によって傀儡の巣窟になってしまい、雪だるま式の侵略は地表を混沌に陥れた。


人類連合軍

「奥托露娜」(オットルーナ)は地球軌道上にある衛星国家である。元々は地表の多数の国が合作で建造した実験室であり、無重力環境を利用した科学の発展が行われていた。ここ百年の終わりなき拡張により、オットルーナは独立した衛星社会を形成するに至り、最終的には地表からの建国を宣言した。 傀儡戦争勃発後は戦火から遠い位置にいるため、人類に残された唯一の防波堤になっている。現在は「オットルーナ女王」の指導の元、安全を売りにして移民の選抜などを行い規模を迅速に拡大している。

「阵线联合」(連合)は地表国家によって形成された反傀儡国家同盟である。戦争が白熱していくに連れて地表上の人口数はガタ落ちしてしまい、地表上に存在していた国家の多数は消えてしまった。現在は国家という概念はなくなり、ただ連合が最後の代表として人類のために戦っている。 現在の連合は大型陸上戦艦「ハンマーヘッド号」を移動司令部として「連合首脳アトラス」及び傘下のAGを搭載し、各戦場間を移動している。

※画像内のキャラクター

左:連合首脳アトラス 

右:オットルーナ女王-リーサ・オットルーナ


ARTERY GEAR 傀儡戦争では伝統兵器(通常兵器)ではマリオネットに対して無力である、人類が傀儡に対し反攻作戦を行うためにはマリオネットによるコントロールを防ぐ必要があり、そのためにARTERY GEARが生まれた。 AGはオットルーナが開発した対傀儡兵器であり傀儡のマリオネットに対し免疫力を有している。選抜された少女達は改造と訓練を経て様々な性能を持った装甲と結合し、いろんな能力を手に入れることができる。

オットルーナとAG兵器の介入により、大量のAG部隊がオットルーナから地表に投下され、第二次傀儡戦争の幕が開けた。






 

©2020 by Yosibill'sBlog. Proudly created with Wix.com