ファイルナンバーPRJ_Sanctifier_PID #NEURAL CLOUD 

PRJ_Sanctifier_PID

時は2057年、、迫りくるAIウイルスの驚異に対抗するため、42LABは親会社IIQSの支援を受け対AIウイルスソフト「浄化器」プロジェクト(Project Sanctifier)を開発していた。

Project Summary

「浄化器」プロジェクト(Project Sanctifier)とはIIQSネットワーク研究会社傘下の42LABクラウドサーバー研究所が開発したAIアンチウイルスソフトです、伝統的なアンチウイルスソフト技術をベースとしつつ、AI技術を核とし、自己学習成長を実現させました、基本的なアンチウイルス機能及びAIウイルスに抵抗する能力を併せ持っています。なおこのプロジェクトはIIQS参加の42LABが主導となって研究が行われます。



Project Purpose

「浄化器」プロジェクトが建てられた目的は42LABクラウドサーバーの安全を保つことです。

1. 元のアンチウイルスソフトと比べ、このプロジェクトの成果物は42LABクラウドサーバー上のすべての保存されたデータ及びクラウドAIの作業用プログラムなどにより良いプロテクションを提供できること。

2. AIアンチウイルスソフトSanctifierは自己学習成長を持ち、現在企画中の42LABクラウドサーバー上で開発が行われる’’マインドマップ’’プロジェクトに対し安全を提供できること。



Project Objectives

「浄化器」プロジェクトは以下の基本目標を達成しなければならない。

1.機械学習に基づき、悪意あるプログラムを認識、判断、削除する能力。

2.プログラムの動作を監視、及び自己分解などの多数に渡る工程を得て、自己判断を実現すること。

3.AIを持ち合わせ、ウイルスの特徴などがない場合でも自主防衛可能なこと。

4.対AIウイルス能力。

5.軽度汚染された合法プログラムを自己修復する能力。


"...42Labはクラウドサーバーを開発する際に、常にAIウイルスについて懸念を持っていました。 AIが登場する前はウイルスやアンチウイルスはあくまで人間のプログラマー同士のコード・ファイトでした。 しかし、AIウイルスは驚異的な成長を遂げており、人間の1000倍の速さでコードを書き込みウイルスを侵入させてしまいます、もしもAIがウイルスを書くことが現実になってしまったら、優秀なサイバーセキュリティ技術者ですらも無力になってしまう。

この問題を解決するために、42Labは、親会社であるIIQSの支援を受けて、2055年に「浄化器」プロジェクト(Project Sanctifier)を開始しました、は自社のクラウドサーバーのセキュリティを確保するためにAIウイルス対策プログラムでAIウイルスに対抗することを目的とした研究開発を行っています。

幸いなことに、昨年2月に開発が成功したことが発表され、業界の節目となりつつも、今年に入ってからの「マインドクラウドマップ」プロジェクトの開発への安心の保証となりました。

(世界情報セキュリティ月刊誌、第3号、2058年より抜粋)


原文

https://www.weibo.com/u/7308178516?from=page_100606_profile&wvr=6&mod=bothfollow&refer_flag=1005050010_&is_all=1#_rnd1595224986709




 

©2020 by Yosibill'sBlog. Proudly created with Wix.com