少女前線2追放 世界観翻訳

Updated: Aug 8

Ground Zero 

’’ブラックゾーン’’

崩壊液による放射線の発生源、原爆での爆発で発生した半径数キロの円形のクレーター及び周辺数キロを指す。「欧州崩壊放射線地域の再生と振興に向けた共同プロトコル」によるとこの地域は最後に乗り越え浄化しなければ行けないエリアである。このエリアは崩壊放射線の濃度が極めて高く、一度踏み入れば、人間、人形関係なく生存は難しいとされています。

人員構成:常駐者はゼロに近く、ELID感染者が多く徘徊しています。

表面の建造物:古代文明遺跡への入り口や廃墟となった研究棟や、不思議なタワー型の建物があります。

景観

砂漠と刺々しい地形がメインです。爆風の衝撃で全体的にやや漏斗状の地形になっており地形の中心が爆心地となっています。爆心地付近では、高温の衝撃波の影響を受け、表土が浮き上がった瞬間に土の表面が珪化し、地表全体が鋭く黒い結晶体で構成された棘状の地形になっています。

頻繁に崩壊砂嵐が起こり、砂嵐は視界を遮り、動きに影響を与えるだけでなく、過剰な崩壊放射線を含んでいます。そのため通常の砂嵐と比べすべての生物や電子機器にとって非常に致命的です。その結果、地域の放射線濃度は非常に高く、少数の突然変異体の植物を除いて、他の生物が生き残ることは非常に困難です。



Contaminated Zone

レッドゾーン

ブラックゾーンに隣接しており、「欧州崩壊放射線地域の再生と振興に向けた共同プロトコル」によるとこのエリアは重点的な浄化作業が必要とされる重汚染区域である。このエリアにはかなりの濃度の崩壊放射線が存在しており、人間、人形関係なくこのエリアに立ち入る際は周到な防護作業が必要となる。

人員構成:常駐者の数はゼロに近いが、身分不明の人類の存在が確認されている。

また大量のELID感染者が徘徊している。

表面の建造物:この地域に元々存在していた建造物の大多数は原型を保っているが、損傷が激しい。また事件後の人為的な介入の痕跡が少ない。

景観

主に砂漠で構成されている。頻繁に発生する砂嵐と重大な土地劣化のせいでこのエリアは植物に乏しく、谷や渓谷が多く存在している。地表も高濃度崩壊液放射を定期的に受けた影響のせいか、ある程度での珪化が発生している。

一部の低地では広範囲に分布し、非常に密に群生している植物群が存在している。花が咲いていない時期は、その地域の放射線濃度が他の地域と比べ著しく下がるが、花が咲いている時期は濃度が飛躍的に上昇する。この種類の植物は同じエリア内では外見や色調などに類似性が見られるが、違うエリアになると外見や色調にも違いが見られるようになる。

険しいレッドゾーンでは、破壊されたビーコン、横転した車隊やヘリコプターの残骸などが散乱している。このエリアで何が起こったのか、知るものは未だにいない。



Frontier Zone

イエローゾーン

レッドゾーンに隣接しており、「欧州崩壊放射線地域の再生と振興に向けた共同プロトコル」によるとこのエリアは浄化作業が必要とされている、なおこのエリアはまだ浄化活動が未完了である。このエリアの放射線濃度は比較的低い、人類がこのエリアで活動するには周到な保護活動が必要であるが、人形は自由に活動が可能である。


人員構成:主な常駐者は一般市民、ヴァランジアンギャングで構成されている。また頻繁にバウンティハンターやハンターが往来している。

ElID感染者の徘徊が確認されている。


表面の建造物:人工的な介入の痕跡はほとんど無く、元の建造物の外観はほぼ保たれている。遺棄された街の殆どはまだ使える状態で損傷も大きくない。街には大量の遺棄された資源が残っており、町の住民は100メートル下の地面から水を汲む必要がある。

景観

主に枯れた森、沼地、砂漠で構成されており、全体的に砂漠化が激しい。地下水が豊富なエリアは沼地が形成されやすく、地形の起伏が大きい、谷など水が豊富な地域にはオアシスが存在している。

異常気象や汚染源に近いエリアでは、定期的な砂嵐が発生しやすい。砂嵐に見舞われたエリアはたまに小規模な表面の珪化や、少量の崩壊ゲッカビジン(月下美人、花)が発生する。

またビーコンが配置されており、グリーンゾーンに近いエリアのビーコンはほとんど無傷だがレッドゾーンに近い位置にあるビーコンは損傷が多く見られる。



-----------W/E_Year_Serial Number----------


“净化区”

浄化区域:イエロゾーンとグリーンゾーンの間に位置する狭く長い地域である。「欧州崩壊放射線地域の再生と振興に向けた共同プロトコル」によるとこの地域は現在進行系で浄化作業が行われています。「開拓協議」の鍵となる区域であり、New Westward Movement を体現する地域でもあります。通常、この地域での崩壊放射線濃度は全体的にイエローゾーンとグリーンゾーンの中間値ですが、浄化進行度によって、各地の濃度も変わってきます。


New Westward Movement:西漸運動、1800年代、アメリカの民は東海岸から西海岸まで開拓地を増やしながら大規模移民を行った。


人員構成:常駐者はいない。区域内の元新ソ連占領地内には列車防衛軍、配給所駐屯軍などが駐屯している。またバウンティーハンター、PMCの往来も多い。それ以外にも、列車防衛軍のパトロール部隊が定期的に地域内を巡回している。


表面の建造物:外見の様子が良好かつ昨日する旧建造物はグレートウォール列車防衛軍によって封鎖されており、浄化作業終了後に再利用される予定である。また損傷度が高い建造物はすでに爆破され、爆破後の残骸は廃墟として残っている。一定エリア内では新たに建造物が建築され、監視施設として利用さている。



人の手が触れてない自然風景が主で、全体的な風景はイエローゾーンに近い。イエローゾーンとの違いはあっちこっちで地域別に分布した草本植物の植生が現れていると言う事だ。水が豊かな地域では低木類が新しく生育する事も有る


景観:原生地域を主とし、全体的な景観はイエローゾーンに近い、イエローゾーンと違うのは浄化区域内の色んな場所で地域別に繁殖した植物の植生が発生してることである。数少ない水が豊かな地域では新しく低木が育つこともある、しかし地域全体的に見て樹木はあまり見受けられない。

元新ソ連占領地だった場所では二両のグレートウォール列車で構成された移動式隔離壁が境界の役目を果たしている。浄化区域内では正常に稼働する移動式の浄化塔が大量に配置されている。


---------------Extension Zone---------------

グリーンゾーン 


グリーンゾーン:グリーンゾーンは大まかに原生绿区と非原生绿区に分けられる

原始安全地区は元々崩壊放射線による汚染が軽微だったが、政府が大量の資源を投資してまで治理や建築をするのには値しないと判断された地域である。

非原生绿区は浄化作業が進行したことにより、汚染レベルが下がり、通常利用できるようになった地域である。このエリアは「欧州崩壊放射線地域の再生と振興に向けた共同プロトコル」での核心的な成果として見られている。

グリーンゾーンでは崩壊放射線が基本的には存在せず、人類及び人形どちらとも自由に活動できる。

人員構成:原生绿区と非原生绿区の常駐者はほとんどがグリーンゾーンの住民である。原生绿区の住民の総数は非原生绿区と比べて少し少ない。一部の非原生绿区内では、住民の総数はホワイトゾーンの需要によって決まる。ここで生活するためには個人の生物的データと社会的データを保存した特殊なIDチップを所持する必要がある。またグリーンゾーン内ではバウンティーハンターやPMC、闇商人が多く往来している。


建造物:非原生绿区は工場、農場、そして地域的に配置された衛星都市が主として構成されている。衛星都市内の建造物は密集かつ雑乱としており、街角は狭く入れ曲がっている。衛星都市のほとんどの住民はホワイトゾーンの労働者で、昼時、衛星都市内には人っ子一人居なくなり、夜になると住民たちは仕事を終え戻ってくる。そして都市内の至るところで灯りがつき始める。原生绿区では人工的な痕跡が比較的少ない。


景観:原生绿区は平原を主とした地形だが、一部の場所は特殊な原因によって地域的な沈下が見られる。非原生绿区では大量に回復中の草木植物の植生が見られる。なお原生绿区では自然風景を主として、水源が豊富な区域では地域的な樹木類の植生が見られる。


------------------Safety Zone------------------


White Zone

ホワイトゾーン:グリーンゾーン内に存在する安全区域、区域内は崩壊輻射線の濃度は0である。この区域の大多数は元経済、政治、軍事の要地であった。過去に崩壊輻射線によって汚染されたが、現在は完全に浄化されており、直接、間接的な崩壊輻射線による被害は完全に除去された。それ以外にも、このエリアは完璧な汚染予測警戒システムや、汚染防御システムなどを構築してあり、「欧州崩壊放射線地域の再生と振興に向けた共同プロトコル」が推進している浄化活動の基礎となっている。


人員構成:常駐者はホワイトゾーンの住民と彼らに雇用されたPMCが主である。各ホワイトゾーンの都市では違う階級構造、そして各自の特色を体現できる政治、文化組織を持っていっる。


建造物:各都市内では巨大な摩天楼が所狭しと建てられており、立体都市としての特徴を見せている。都市の交通はビルの間を走るモノレールや高速道路に依存している。多数のビル内にはモノレール駅が配置されており、ビル外部には駅名が書かれており、車用リフトが付いておりそれらがビルの標準となっている。

土地が足りないために、ホワイトゾーン都市内では緑化、公園などに使用される土地はごく僅かである。レジャー施設はほとんどがビルの屋上に置かれており、ごく少数の都市外郭に小規模ながら緑地が存在する。


景観:全体的には平坦な地形である。都市内の各エリア間では明確にエリア分けがされており、汚染予測警戒システムや、汚染防御システムなどの対応作業がしやすいようにされている。都市面積が有限なため、都市はできる限り地面、地下、空中上の空間を利用する設計をしている。また都市内では丹精込めて調整された温度と湿度が、住民に快適な環境を提供している。



 

©2020 by Yosibill'sBlog. Proudly created with Wix.com